むくみ・冷えでお悩みの方へ

むくみ・冷えによくある症状

  • 夕方になると足がパンパンにむくんでしまう

  • 夏場でも身体が冷えてしまう

  • 手、足がいつも冷たい

  • 足が冷えて夜眠れない

長年のむくみ、冷えに悩まされていませんか

むくみ、冷えは特に女性に多くみられ、長年悩まされているという方も少なくありません。

 

「体質の問題で仕方がないもの」と改善を諦めている方も多いのではないでしょうか。

 

むくみ、冷えの多くは生活習慣から引き起こされている場合が多く、

適切な対策をしていくことで改善は十分に可能だと言えます。

 

こちらのページにて、むくみ、冷えの原因と対処法について

詳しくご紹介していますので、ぜひご参考ください。

むくみ・冷え改善メニュー Recommend Menu

むくみ、冷えを起こす原因について

夕方になると足がむくんだり、夏場であっても手足が冷えているなど、
日常生活を送る上で直接不都合がなかったとしても、悩んでいる、どうにか改善したいと考えている方は多くいらっしゃいます。

むくみや冷えの症状は、いつから始まり、なぜ続いてしまうのでしょうか。
症状改善を目指すためは、まずは原因をしっかりと把握することが大切です。

こちらでは、日常生活における「むくみ、冷えが生じる原因」について詳しくご紹介していきます。

 

【むくみの原因】

 

●水分のとりすぎ

水分をとりすぎている場合、排出が追いつかずに身体がむくみやすくなります。

 

●アルコールの摂取

水分量が少ない場合も、体内に水分を溜め込もうとするためにむくみやすくなります。

アルコールの摂取は利尿作用で脱水状態になるため、水分が溜め込まれてしまいます。

●立ちすぎ、座りすぎ

重力の関係でふくらはぎに水分はたまりやすくなっています。

立ち仕事、デスクワークで長時間同じ姿勢が続く場合、血行不良を起こしてむくみに繋がってしまいます。

足の血行が悪くなることで、「下肢静脈瘤(静脈のこぶ)」「エコノミー症候群(足に血栓ができる症状)」を引き起こしてしまう場合もあります。

 

●内臓の病気

腎機能障害リンパ浮腫がある場合、循環が著しく低下するためにむくみやすくなります。

 

【冷えの原因】

 

●血行不良

体温は主に血液によって運ばれているため、血行が悪くなっていると身体が冷えてしまいます。

血行不良を起こす要因としては「筋肉量の不足」「不良姿勢による筋緊張」「水分不足」などが挙げられます。

 

●自律神経の乱れ

自律神経が乱れてしまうと体温調節機能が狂い、身体の冷えに繋がってしまいます。

「睡眠不足」「ストレス」「冷たい食事、飲み物(内臓への負担)」などが、自律神経が乱れてしまう要因として挙げられます。

 

●身体が冷えてしまう環境

薄着を好んでいたり、スカートをよく履く場合、身体が冷えやすくなります。

また、夏場でもエアコンの風に直接当たると身体が冷えてしまう要因となります。

 

日常生活で行えるむくみ、冷えの予防方法

むくみ、冷えは体質だけではなく、生活習慣も大きく影響していると考えられます。

むくみや冷えを改善するためには、日常生活でどのような点に気をつければ良いのでしょうか。

 

【むくみの対策】

 

●ウォーキング

ウォーキングはふくらはぎの筋肉をしっかりと使うため、むくみの改善に効果的です。

 

1日30分を目安に大股で歩くように習慣づけましょう。

 

 

●着圧ソックス

着圧ソックスで圧迫することにより、ふくらはぎの筋ポンプ作用のサポートができます。
着圧ソックスは昼用と夜用がありますので、用途に合ったものをご使用ください。

 

●水分補給

常温の水や白湯をこまめに少しずつ飲むようにしましょう。

「一度に大量の水分をとる」「むくみたくないので水分をとらない」
両方ともむくみに繋がる水の飲み方なのでご注意ください。

 

【冷え性の対策】

 

●入浴

身体が冷えやすい方はシャワーだけではなく、湯船に浸かり身体をしっかりと温めましょう。

 

●適度な全身運動

筋肉量の低下、運動不足は血流が悪くなり、冷えに繋がってきます。

ウォーキングや水泳、サイクリングなど日常的に適度な全身運動を行うようにしましょう。

 

●食事

生姜にんにく、根菜類(にんじんかぶ大根など)、ネギジャガイモお肉は身体を温める作用があるといわれています。

 

●十分な睡眠

睡眠不足はストレスとなり、自律神経の乱れにも繋がりやすくなります。

夜更かしはせず、毎日7時間以上しっかり睡眠をとるようにしましょう。

 

パルモ東大井整骨院の【むくみ・冷え】アプローチ方法

むくみや冷えでお悩みの方は、まず体質改善を行うことで全身の血流の流れを良くしていくことが大切です。

当院では身体のゆがみ矯正で体質改善や「自律神経調整」を行います。

足の冷えに関しては「ドレナージュ(DPL)」で下腿の筋肉やリンパの流れにアプローチを行い、血流改善体内の老廃物排出を目的とした施術を行います。

 

 

 

 

【むくみ・冷えに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことを目指します。
慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。普段の姿勢改善をしたい、慢性的に疲労を感じるといった方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

 

■ドレナージュ

【EHD】

顔や頭のツボや骨格を整えることで乱れた自律神経の改善、頭痛や眼精疲労の症状緩和が期待できます。
パソコンやスマホの見過ぎによる眼精疲労や目の奥の痛み、頭痛などの症状でお悩みの方におすすめです。

 

【DPL】

クリームを使って血液やリンパの流れを促進させる手技を行い、ふくらはぎや膝裏の老廃物を流していきます。
足のむくみ、冷え性でお悩みの方におすすめです。

 

■季節調整

季節の変わり目に起こる不調を自律神経のバランスを整えることで、未然に防ぐことを目的とした施術です。
お腹や背中を緩めたり、経穴を刺激することで症状の改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中