腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • 腰の痛みで朝なかなか起き上がれない

  • 長年の腰痛だが医療機関では異常なしと
    言われる

  • 腰が痛くて背中を伸ばせない

  • 腰痛の症状を
    少しでも
    改善したい

腰痛は早めに予防していきましょう

腰は身体の土台部分となるため、

痛みがあると「立ち上がる」「かがむ」といった日常動作に大きな支障が出てしまいます。

 

腰痛の前兆である背中や足に症状が出ている場合は、特に注意が必要です。

 

こちらのページでは腰痛の考えられる原因と

日常で行える腰痛対策についてご紹介していますので、ぜひご確認ください。

腰痛改善メニュー Recommend Menu

腰痛にはどのような原因があるのでしょうか

 

腰は身体の中心に位置し、土台として上半身を支え、また地面からの衝撃を吸収している重要な箇所です。

身体の「要」と言える腰を痛めてしまうと、日常生活に大きな支障となってしまうことが考えられます。

腰痛への適切な対処、予防をしていくためにも「考えられる腰痛の原因」についてこちらで詳しくご紹介していきます。

 

【原因の分かる腰痛】

 

医療機関で原因が判明する腰痛は、主に「脊柱の疾患」が挙げられます。

●腰椎椎間板ヘルニア

椎間板が後方に飛び出し、脊髄や神経根を圧迫、刺激した際に起こる症状になります。
重量物の持ち上げや前屈動作の繰り返しによって発生しやすくなっています。

 

●腰椎椎間関節症

椎間関節が炎症を起こし、周辺の神経を刺激した際に起こる症状を言います。

突然の強い痛みを生じる場合があり、ぎっくり腰の原因の1つと考えられています。
腰を反る動作、捻る動作によって椎間関節に負担がかかりやすくなっています。

 

●腰部脊柱管狭窄症

背骨の変性によって脊柱管が狭くなり、脊髄を圧迫、刺激した際に起こる症状を言います。
背骨が変性する主な要因としては加齢が挙げられます。

 

●腰椎すべり症、分離症

腰椎の位置がずれたり、一部が分離したりすることで周辺の神経を圧迫、刺激した際に起こる症状を言います。

 

【原因不明の腰痛】

 

腰痛の多くは医療機関で異常を認められない、原因不明とされています。

しかし、原因の判明しない腰痛は「筋疲労」「筋の柔軟性の低下」「腰部の循環不足(血行不良)」といった、筋肉の問題から生じていると考えられています。

●不良姿勢

背中の丸まった姿勢でいると、脊柱まわりの筋緊張が強まってしまいます。
筋緊張によって循環が悪くなると、痛みの原因となる老廃物が腰部に蓄積しやすくなります。

 

●運動不足

運動不足で筋肉を使っていない場合、筋肉が固まり血行不良を起こしやすくなります。
特に体幹の筋肉(腹筋)の力が低下している場合、姿勢を維持できずに上半身の緊張にも繋がってしまいます。

 

●長時間の同じ姿勢

デスクワークやスマホの操作で長時間身体を動かさないことなど、筋緊張が強まり、身体が固まりやすくななってしまうことが挙げられます。

 

●冷え

身体が冷えている場合、血行不良で腰痛に繋がりやすくなります。

 

自分で日常的にできる腰痛対策

つらい腰の痛み、長く続く腰の痛みを感じた場合、さらに悪化させないためにも日常的に対策していきましょう。

また、痛みを慢性化しないために、しっかり予防していくことも大切になります。

こちらでは、自分で簡単にできる腰痛対策について詳しくご紹介していきます。

 

【ストレッチ・運動】

 

日常的にストレッチを行い、腰部に疲労がたまらないようケアしておきましょう。

腰のストレッチはもちろん、骨盤の動きにも関与する「お尻まわり」「股関節」「太もも(ハムストリング)」のストレッチも腰痛対策として効果的です。

また、適度な運動(ウォーキング)も、全身の循環改善を期待できます。

 

 

【入浴】

 

身体を温めることにより、全身の筋緊張をやわらげることができます。
湯船に浸かって、身体を芯から温めるようにしましょう。

 

【身体を冷やさない】

 

身体が冷えていると筋肉が固まり、腰痛に繋がりやすくなります。
衣服や暖房を調整して身体を冷やさないように気をつけましょう。

 

【体幹トレーニング】

 

腰痛改善のトレーニングとしてスクワットがおすすめです。

●足を肩幅より少し広めに開く
●膝とつま先の方向がずれないようにする
●膝がつま先より前に出ないようにする

といった点に気をつけ、正しいフォームで行うように意識しましょう。

 

【中腰作業は膝から曲げるようにする】

 

前屈み動作は腰部に大きな負担がかかります。
中腰になる際には膝から曲げて、腰の負担がかからない身体の使い方をしましょう。

 

パルモ東大井整骨院の【腰痛】アプローチ方法

当院では、根本的な原因を突き止め改善を目指します。

直接痛みの元となっている部分にアプローチすることや、症状周辺からの負担を減らすことで痛みの改善が期待できます。

その際に手技を使った施術や「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」を行い筋緊張の緩和や、「骨格矯正」を行うことで根本改善を目指していきます。

日常生活の改善アドバイスも行っています。

 

 

【腰痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことを目指します。
慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。普段の姿勢改善をしたい、慢性的に疲労を感じるといった方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

 

■ドレナージュ

【DPL】

顔や頭のツボや骨格を整えることで乱れた自律神経の改善、頭痛や眼精疲労の症状緩和が期待できます。
パソコンやスマホの見過ぎによる眼精疲労や目の奥の痛み、頭痛などの症状でお悩みの方におすすめです。

 

■カッピング

透明なカップの球を使用した施術です。
皮膚を吸引して持ち上げることにより皮膚と筋肉の間の血液循環の促進をさせ、筋肉を緩めていきます。
コリ過ぎてガチガチだなと感じている方や運動前後のケアにおすすめの施術です。

 

※なお、骨に問題がある場合は特殊なコルセットなどが必要なこともあるため、その場合は専門の医療機関をご紹介することもあります。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中