打撲でお悩みの方へ

打撲によくある症状

  • 足の上に物を落とし打撲した

  • ラグビーで衝突し身体を強打してしまった

  • 野球で
    デッドボールを
    受けたあと
    腫れてきた

  • 転倒し膝が内出血している

打撲は軽視せずにしっかりとケアしていきましょう

「家具に身体をぶつけてしまう」「段差でつまづいてしまう」など、

打撲は日常的にも多く起こるケガになります。

 

そのために軽くみられがちなのですが、

処置を怠ることで痛みや動かしにくさが残ってしまう可能性もあるのです。

 

対策、予防方法についてしっかりと確認しておきましょう。

打撲改善メニュー Recommend Menu

打撲の特徴的な症状と発生しやすい場面について

 

打撲は身体を強くぶつけることで発生した急性の外傷になります。

軽度であれば問題ありませんが、症状によっては皮下組織を大きく損傷している場合もありますので油断はできません。

こちらでは、打撲によってどのような症状がみられるのかを詳しくご紹介していきます。

 

【打撲の症状】

 

●疼痛:打撲した箇所やその周辺に圧痛、運動痛、自発痛がみられます。

●腫脹:内出血によって患部が腫れ、紫色に変色してきます。

打撲した箇所やその周辺が炎症し、熱感を伴う場合もあります。

受傷直後は何も変化がなくても、時間が経ってから痛みや腫れが出てくるケースが多くなっています。

●機能障害:関節部分を打撲したり、筋(骨)や腱を大きく損傷した場合には運動制限がみられることがあります。

 

【打撲が起こりやすいケース】

 

・コンタクトスポーツでの衝突:ラグビー、アメフトなど。

・スポーツや日常生活での転倒、転落:体幹の筋力が低下している場合、バランスを崩して転倒しやすくなっています。

・物の落下、身体にものをぶつける:資材の落下、タンスの角に足をぶつける

・交通事故によるケガ

 

【危険な打撲】

 

頭部を打撲した場合、皮下出血からたんこぶができる場合があります。

軽くぶつけた程度であれば問題ありませんが、意識障害記憶障害頭痛吐き気などを伴う場合は救急で医療機関に行くようにしましょう。
脳を損傷し、脳内で出血している恐れがあります。

また、腹部の強打も内臓損傷の可能性がありますので、注意が必要です。

 

身体を強くぶつけた際の対処法について

 

スポーツや日常生活で打撲をした場合、正しい処置についてご存知でしょうか。。

打撲からの早期回復を目指すためには、できるだけ早急に「RICE処置」をしていくことが重要です。

 

【RICE処置】

 

・Rest(安静):皮下組織の損傷を悪化させないよう、患部を安静にします。
テーピングで関節を固定することにより、患部の安静を図りやすくなります。

・Icing(冷却):炎症と腫れを抑えるため、患部を氷水によって冷やします。(冷やしすぎにはご注意ください)

・Compression(圧迫):包帯やテーピングで圧迫します。
患部の腫脹、内出血を抑えることが早期回復に繋がってきます。

・Elevation(挙上):内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

打撲直後は外観に変化が出にくいですが、なるべく早めにRICE処置をしましょう。

内出血、腫脹を抑えることが痛みの軽減にも繋がります。

 

【RICE処置後の対処法】

 

炎症がおさまりましたら、今度は温めて血流をよくしていくことが修復の促進に繋がってきます。

湯船に浸かって身体を温め、栄養バランスの整った食事、十分な睡眠を心がけることで自然治癒力を高めていきましょう。

 

症状が重たい場合、患部にしこりが残ってしまうこともあります。

トレーニングによって周辺の筋力をつけ、患部をカバーするようにしましょう。
また、転倒を予防するためには体幹トレーニングバランストレーニングが効果的です。

 

パルモ東大井整骨院の【打撲】アプローチ方法

打撲などの外傷に対しては、受傷直後や痛めた後の急性期にはアイシング「ハイボルト療法」を行い、炎症や腫れを最小限に抑える処置を行います。

痛めた所を守ろうと周りの筋肉まで固まったり、患部も内出血により瘢痕形成(皮膚のケガでいうカサブタになること)ができるので、その箇所を「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」手技療法で緩めていきます。

打撲だからといって油断すると、筋肉内に出血による内圧の上昇、コンパートメント症候群になってしまう事もあるのでご注意ください。

 

【打撲に対する施術方法】

 

■保険施術

ケガをしている部位に対しての施術となります。
患部に対して電気療法を行います。
急性期による炎症所見がみられる場合には寒冷療法を行い、炎症所見がみられない場合には温熱療法を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中