脱臼でお悩みの方へ

脱臼によくある症状

  • 転倒して手をついた際、肩を脱臼してしまった

  • バレーでブロックした際に指が変な方向に曲がってしまった

  • 脱臼の痛みを少しでも緩和
    したい

  • 脱臼を繰り返してしまっている

脱臼は予防も大切になってきます

脱臼はスポーツ現場で発生しやすいですが、

日常生活でも転倒やあくびなどのふとした動作で関節が外れてしまう場合があります。

 

脱臼は再発しやすい症状になりますので、受傷後の処置はもちろん予防も重要になってきます。

 

こちらのページでは、脱臼の原因や症状、対処法について詳しくまとめてあります。

 

スポーツや肉体労働で関節に負担がかかりやすい方、

脱臼を繰り返している方はぜひ最後までご覧になってみてください。

脱臼改善メニュー Recommend Menu

脱臼の種類、原因、症状について

脱臼は「関節を構成する骨が本来の位置から外れてしまった状態」を言います。

脱臼とはどのようなケガなのか、症状や原因について詳しくみていきましょう。

 

【脱臼の種類】

 

●外傷性脱臼

「コンタクトスポーツでの衝突」「転倒」「交通事故」など、関節に強い外力が加わることで発生した、急性外傷の脱臼になります。

「不良姿勢」「睡眠不足によるストレス」「間違った身体の使い方」などで筋緊張が強まっている場合、関節の可動域が狭まるために脱臼を起こしやすくなります。

脱臼は肩関節に多く発症し、一度脱臼すると靭帯が緩んだり、関節周辺の筋力が低下したりすることで再発しやすくなっています。

 

●病的脱臼

関節の病的な変異によって、非常に弱い外力、もしくは外力なしで脱臼した場合を言います。

 

・麻痺性脱臼

「片麻痺(脳血管障害)」「脳性麻痺」など麻痺があることで関節が緩くなり、脱臼した場合を言います。

 

・拡張性脱臼

「急性化膿性股関節炎」「股関節結核」など関節内の炎症によって関節が拡張し、脱臼した場合を言います。

 

・破壊性脱臼

主に「関節リウマチ」によって関節が破壊されることで、脱臼を起こした場合を言います。

 

【脱臼の程度による分類】

 

・完全脱臼:関節が完全に外れて、関節面が離れてしまったものになります。
・不全脱臼(亜脱臼):関節面が部分的にずれたものになります。

 

【脱臼の固有症状】

 

一般外傷症状である「疼痛」「腫脹(関節血腫)」「機能障害」の他に、脱臼の固有症状としては次のことが挙げられます。

・弾発性固定関節が外れた位置で固定されてしまう状態を言います。
関節を押して動かしてみても、力を緩めると脱臼した位置に再び戻るという特徴があります。

・変形:関節が外れることで、外観にも変形を確認できます。

 

脱臼の対処法と日常でできる予防方法について

スポーツ現場や日常生活で「弾発性固定」「関節の変形」など、脱臼を起こしてしまった場合の対処法を知っておくことは大切です。

こちらでは、急性の外傷に重要な「RICE処置」と、日常生活で行える予防方法について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

脱臼が疑われる場合は、できるだけ早急に「RICE処置」をしましょう。

・Rest(安静):関節周辺の組織損傷を悪化させないように、患部を安静にします。
包帯やバンテージ、テーピングで関節を固定する場合もあります。

・Icing(冷却):炎症と腫れを抑えるため、患部を氷水によって冷やします。(冷やしすぎにはご注意ください)

・Compression(圧迫):腫脹が広がらないように患部を包帯やテーピングで圧迫します。

・Elevation(挙上):内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

RICE処置はあくまでも応急処置です。 早めに医療機関や接骨院・整骨院に行って、専門的な処置を受けるようにしましょう。

「整復(関節を正しい位置に戻す)」「固定」を施すことで、早期回復を図れます。
また、ご自身でも「バランスの整った食事」「十分な睡眠」にて自然治癒力を高めるように心がけましょう。

 

【脱臼の予防法】

 

脱臼は正常の可動域を越えて関節が大きく動かされた際に発生しやすくなっています。
スポーツや肉体労働などで関節に負担がかかる場合、テーピングにて関節を固定しておくと予防に繋がります。

また、一度脱臼を起こすと長期固定によって関節周辺の筋力が低下しやすくなります。
再脱臼の予防として、脱臼した周囲はしっかりとトレーニングすることも大切です。

 

パルモ東大井整骨院の【脱臼】アプローチ方法

脱臼とは、関節を構成する骨同士の正しい位置関係が崩れている状態です。

脱臼の処置としてはまず検査法を行い脱臼していると判断した場合に「整復」「固定」を行います。

リハビリとしては患部の炎症や腫れが強い場合はハイボルト療法」アイシング固定などで出来るだけ早く、痛みの改善ができるよう努めます。

元の関節の可動域に戻るように運動療法を行います。

また、脱臼がくせになってしまないように患部周囲の関節の筋力アップを行います。

※脱臼後すぐにご来院された場合、レントゲンや検査、処置の為に他の医療機関へ紹介状を書かせていただく場合がございます。

 

【脱臼に対する施術方法】

 

■保険施術

ケガをしている部位に対しての施術となります。
患部に対して電気療法を行います。
急性期による炎症所見がみられる場合には寒冷療法を行い、炎症所見がみられない場合には温熱療法を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■特殊固定具

患部を動かさないように安静固定する必要がある場合に行います。
患部の大きさや受傷の程度で固定の範囲が変わりますので状態に合わせての特殊固定を行なっています。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中