肉離れでお悩みの方へ

肉離れによくある症状

  • ふくらはぎにプチっと切れた感覚があった

  • ストレッチを
    行った際
    太もも裏に強い痛みを感じた

  • 部活中ふくらはぎに痛みを感じ、歩行が困難になった

  • スポーツ中太ももの前側に痛みがある

肉離れは早急な対処が重要です

肉離れはスポーツでの激しい動きはもちろん、

日常生活でのふとした動作でも発生してしまう可能性はあります。

 

肉離れは放置すると再発もしやすくなるため、なるべく早急に対処していくことが重要です。

 

こちらのページでは、肉離れの原因や症状、対策について詳しくまとめています。

 

スポーツをされている方、肉離れの症状にお悩みの方はぜひご参考ください。

肉離れ改善メニュー Recommend Menu

肉離れの原因・症状について

 

肉離れとは筋繊維が損傷したり、裂けたりしたケガになります。

ふくらはぎや太もも(大腿四頭筋、ハムストリング)といった下肢部に起きやすく、受傷後は歩行困難になる場合もあります。

こちらでは、肉離れの原因とどのような症状がみられるのかを詳しくご紹介していきます。

 

【肉離れの原因】

 

肉離れは、筋肉が瞬発的に強く収縮した際、「急性外傷」として発生しやすくなっています。

スポーツでの「ジャンプ」「ダッシュ」「急な方向転換」はもちろん、日常生活においても「高所からの着地」「段差の踏み外し」といった、瞬発的な動作時に発生する可能性はあります。

また、次のような要因があると筋の柔軟性が低下し、急な動きによって筋肉は損傷しやすくなります。

 

●運動不足(筋肉の使わなさすぎ)
●ウォーミングアップ不足
●筋疲労の蓄積(筋肉の使いすぎ)
●水分不足(飲酒による利尿作用)
●冷え

などが挙げられます。

 

【肉離れの症状】

 

●疼痛:筋繊維の損傷部に圧痛がみられます。筋肉が大きく断裂した際には陥凹を触れる場合もあります。

●腫脹:内出血で患部が腫れてきます。受傷後時間が経ってから皮下出血斑がみられることもあります。

●機能障害:筋の損傷によって関節の動きに制限が出てきます。

 

【肉離れに似た症状】

 

ふくらはぎの肉離れに似た症状として「アキレス腱断裂」があります。

アキレス腱部分に陥凹がみられたり、つま先立ちで力が入らなかったりする場合はアキレス腱断裂の可能性が高いです。

自己判断せず、早急に医療機関や接骨院・整骨院に相談するようにしましょう

 

肉離れをした際の適切な対処方法

 

運動中や日常生活において、肉離れで強い痛みが生じた場合、どのように対処が適切なのでしょうか。

特に足の肉離れでは痛みでバランスが崩れ、身体の他の箇所にも影響を及ぼす可能性もあります。

こちらでは、肉離れの適切な対処方法について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

肉離れが疑われる場合、早急にRICE処置をしましょう。

 

・Rest(安静):筋損傷を悪化させないよう、患部を安静にします。 包帯やバンテージで関節を固定する場合もあります。

・Icing(冷却):炎症と腫れを抑えるため、患部を氷水によって冷やします。(冷やしすぎにはご注意ください)

・Compression(圧迫):腫脹が広がらないように、包帯やテーピングによって患部を圧迫します。 肉離れでは特に腫脹を悪化させないよう、圧迫が重要になってきます。

・Elevation(挙上):内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

肉離れを放置して腫脹を広めてしまった場合、痛みが長引くことはもちろん、筋肉に硬いしこり(瘢痕組織)ができる可能性があります。

瘢痕組織があるとつっぱり感が残り続け、再発もしやすくなります。
受傷直後は見た目にもわかりにくいかもしれませんが、早急に処置できるかがその後の回復にも影響を与えると考えられます。

 

【炎症がおさまったら】

 

炎症がおさまりましたら、徐々に患部を動かしていきます。

今度は身体を温めるようし、まずは患部(損傷した筋肉)をストレッチで伸ばしていきます。

そして、損傷部のつっぱり感、痛みの様子を見ながら連続性のあるトレーニング(競技の動き)へと復帰していきましょう。

 

パルモ東大井整骨院の【肉離れ】アプローチ方法

肉離れなどの外傷に対しては、受傷直後や痛めた後の急性期にはアイシング「ハイボルト療法」で炎症の鎮静化を目指します。

そして腫れを最小限に抑える為にテーピング包帯で圧迫・固定を行います。

痛めた筋肉を守ろうと周りの筋肉まで固まったり、内出血によって患部に瘢痕形成(皮膚のケガでいうカサブタになること)ができるのでその箇所を「CMC筋膜ストレッチ(リリース)」手技療法で緩めていきます。

 

【肉離れに対する施術方法】

 

■保険施術

ケガをしている部位に対しての施術となります。
患部に対して電気療法を行います。
急性期による炎症所見がみられる場合には寒冷療法を行い、炎症所見がみられない場合には温熱療法を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■特殊固定具

患部を動かさないように安静固定する必要がある場合に行います。
患部の大きさや受傷の程度で固定の範囲が変わりますので状態に合わせての特殊固定を行なっています。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中