四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 肩の痛みで腕があがらない

  • 夜中に肩の痛みで目が覚めることがある

  • 腕が上げずらく
    洗濯物が干しにくい

  • 腕が上がらないため髪が洗いにくい

「肩の急な痛み」「腕が上がらない」つらい症状の四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は「突然肩に強い痛み」を生じる場合や、

 

「腕が痛みで上がらない」「夜中肩の痛みで眠れない」といった症状が出ることがあります

 

こちらのページでは、四十肩・五十肩の原因と適切な対処法について詳しくまとめてあります。

 

予防法についてもご紹介していますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

四十肩・五十肩の考えられる原因

 

四十肩・五十肩は中年の方に発症しやすい、肩まわりの炎症症状(急性炎症)になります。

肩が動かせなくなるほどの痛みが生じ、日常生活にも大きな支障が出る場合もあります。

こちらでは、四十肩・五十肩への適切な対処、予防をしていくためにも、考えられる原因について詳しくみていきましょう。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

肩まわりに急性炎症が生じる原因は、現在のところ詳しくは分かっていません。

 

ですが、四十肩・五十肩には次のような原因があるのではないかと考えられています。

 

 

●肩の循環不足

肩は可動域が広いかわりに、関節の固定を筋肉に大きく依存しています。

そのため、日常生活で肩周辺には負担がかかりやすくなっています。

「不良姿勢」「長時間の同じ姿勢」「運動不足」などで血流不足になっている場合、組織の回復に必要な血液がうまく回らず、炎症が広まってしまうと考えられます。

 

●石灰沈着

筋肉内に石灰が沈着することで、炎症を起こしてしまう場合があります。
加齢によって石灰沈着は生じやすくなりますが、はっきりとした原因は分かっていません。

 

●過去のケガ

以前に肩周辺のケガをしていたり、スポーツや仕事で酷使したりしていた場合、組織の損傷が広がることで炎症が起こりやすくなると考えられます。

 

 

【四十肩・五十肩と肩こりの違い】

 

肩にみられる症状としては「肩こり」が挙げられます。

肩こりは主に「老廃物質の蓄積」から起こる重だるさになりますので、炎症症状である四十肩・五十肩とは別症状になります。

肩こりでは「腕が挙げられないほどの痛み」が生じることはありません。

 

四十肩・五十肩の症状に合わせた対処法

四十肩・五十肩は「炎症期」「慢性期」「回復期」の3つの時期に分けられ、対処法も変わってきます。

こちらでは、時期に合わせた正しい対処法と、日常生活で行える四十肩・五十肩の予防方法について詳しくご紹介します。

 

【炎症期の対処法(1〜3ヶ月が目安)】

 

炎症と痛みが強く出てくる時期です。

症状を悪化させないように痛い動きはなるべく避けるようにしましょう。

湿布を貼ったり、氷水で冷やしたりして、炎症を抑えることが大切です。(冷やしすぎにはご注意ください)

肩の痛みから上着の着脱が困難な場合もありますが、次のような対策ができます。

●着る:痛い側の腕から通す
●脱ぐ:痛みがない側から脱いでいく

 

また、痛みが強くて夜眠れない場合は「痛い肩を上にして横向きで寝る」「枕やクッションを挟む」といった工夫で痛みが和らぐことがあります。

 

【慢性期の対処法(3〜6ヶ月が目安)】

 

強い痛みから「鈍い痛み」「突っ張ったような痛み」へと移行してきます。

慢性期では筋肉を温めるようにし、体操ストレッチにて徐々に肩の可動域を広げていきましょう。

痛みはありますが、安静にしすぎると筋肉の拘縮が残ってしまう可能性もあります(痛みが強い場合は休んでください)

 

【回復期の対処法(6〜12ヶ月が目安)】

 

つっぱり感や痛みが徐々に取れてくる時期になります。
引き続きストレッチや体操を行い、関節の可動域を広げるようにしましょう。

 

【四十肩・五十肩の対策】

 

●ストレッチ、体操

「肩甲骨を内側に寄せるストレッチ」「肩をぐるぐると回す体操」「腕を上げ下げする体操」など、肩周辺の筋肉をしっかり動かし、血流を改善しておくことが四十肩・五十肩の予防に効果的です。

 

●入浴

湯船に浸かることで筋緊張はやわらぎ、血行もよくなってきます。
血流によって肩周辺の微細損傷も回復しやすくなり、急性炎症を抑える効果を期待できます。

 

●運動

日頃から適度な全身運動を行うことで、循環をよくしておきましょう。

 

パルモ東大井整骨院の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

当院では、四十肩・五十肩に対して「ハイボルト療法」や手技療法でアプローチしていきます。

身体のゆがみが原因で四十肩・五十肩の症状が出ている場合には「骨格矯正」を行います。

肩の運動制限が出ている場合も多くありますので、運動療法によって可動域の確保と改善を目指します。

長い間不良姿勢が続き、肩周りのインナーマッスルが低下していることにより、四十肩・五十肩の症状が悪化している場合もあります。

良い姿勢が保てるようにトレーニングのお手伝いもさせていただきます。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことを目指します。
慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。普段の姿勢改善をしたい、慢性的に疲労を感じるといった方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

 

■カッピング

透明なカップの球を使用した施術です。
皮膚を吸引して持ち上げることにより皮膚と筋肉の間の血液循環の促進をさせ、筋肉を緩めていきます。
コリ過ぎてガチガチだなと感じている方や運動前後のケアにおすすめの施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中