骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • スポーツで相手選手と衝突し足首が内出血している

  • 転倒し手をついたが、手首を支えていないと激しい痛みがある

  • 部活中、急に足の甲に痛みが
    出た

  • 突き指をしたあと指が大きく腫れてきた

骨折の正しい対処法を知っておきましょう

骨折は激しい動きが伴うスポーツ現場で発生しやすいケガです。

 

しかし、転倒や事故によって日常でも起こる可能性はありますので、

正しい対処法を知っておくことが大切です。

 

こちらのページでは骨折について詳しくまとめてあります。


特徴的な症状や適切な処置方法をご紹介していますので、

「スポーツをされている方」「高齢者の方」「仕事で骨折のリスクが高い方」は、

ぜひ最後までご確認ください。

骨折改善メニュー Recommend Menu

骨折の種類や特徴的な症状について

骨折とは漢字の通り「骨が折れた状態」を言います。

スポーツなどの事故により骨折してしまう場合や、疲労が蓄積したことで骨折してしまう場合などがあります。

骨折にはさまざま種類があり、どのような症状がみられるのかをこちらで詳しく確認していきましょう。

 

【骨折の種類】

 

●外傷性骨折

「コンタクトスポーツでの衝突」「転倒」転落」「交通事故」など、一度の大きな外力を受けることで発生した急性外傷の骨折になります。

 

●疲労骨折

繰り返しの小さな外力が加わることで発生した骨折になります。
ランニング、ジャンプ動作の繰り返し、ゴルフスイングなどスポーツ現場で起こりやすくなっています。

 

●病的骨折

「骨粗鬆症」「骨腫瘍」「がんの骨転移」など、病気によって骨が弱くなった状態から骨折したものになります。

 

【骨折の程度による分類】

 

●完全骨折:骨が完全に折れて、離れてしまったこと。
●不全骨折:骨の一部が折れたこと。(ヒビ、亀裂骨折、陥凹骨折など)

 

【骨折の固有症状】

 

骨折には次のような特徴的な症状がみられます。

●異常可動性(異常運動):完全に折れて離れている場合、関節以外の場所で骨が大きく動く場合があります。

●軋轢音:骨折端がぶつかり合うことで、軋轢音を触知する場合があります。(音というよりはグズグズとした感触になります)

●転位と変性:骨の位置が移動し、折れ曲がったり、伸びたりすることにより変形が確認できる場合があります。(転位には側方転位、屈曲転位、捻転転位などがあります)

 

【骨折の全身症状】

 

内出血によって循環バランスが崩れたり、痛みによって神経が過剰に興奮したりすることで「ショック症状」がみられる場合があります。
特徴的なショック症状は「顔面蒼白」「手足の冷感」「冷や汗」「呼吸不全」などが挙げられます。

 

その他、骨折して数時間後に「吸収熱」と呼ばれる全身の発熱症状(37〜38度)がみられることもあります。

 

【骨折の特徴的な局所症状】

 

これだけで骨折とは断定できませんが、骨折を鑑別するために次のような確認方法があります。

 

●限局性圧痛

骨折部に限局した圧痛がみられます。

 

●叩打痛(介達痛)

患部から離れた箇所を叩いてみると、骨折部に痛みが響くことがあります。
その他、引っ張ったり、軸圧を加えたりしてみて痛みを確認する方法もあります。

 

【骨折の併発症】

 

折れた骨の端や欠片によって、周辺の組織を傷つけてしまう可能性があります。

●筋肉や腱などの軟部組織損傷
●血管損傷
●末梢神経損傷
●関節損傷
などが挙げられます。

損傷を広げないように、むやみに患部を動かさないことが大切です。

 

骨折が疑われる場合の対処法

 

転倒や衝突によって骨折が疑われる場合、具体的にどのように対処することが正しいのでしょうか。

骨折は他の外傷と比較して大きく腫れ、強い痛みが出ることや、対処の遅れにより悪化してしまう場合もあるため早急な処置が重要です。

 

【RICE処置】

 

骨折が疑われる場合は、早急に「RICE処置」をしましょう。

・Rest(安静):損傷を悪化させないように、患部を安静にします。
※安静も大事ですが、固定をしつつ患部以外の場所は動かすようにすると、血流が改善するために骨の回復が早まるとされています。

・Icing(冷却):炎症と腫れを抑えるため、患部を氷水によって冷やします。(冷やしすぎにはご注意ください)

・Compression(圧迫):腫脹が広がらないように患部を包帯やテーピングで圧迫します。

・Elevation(挙上):内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

RICE処置はあくまでも応急処置です。
放置せずに、なるべく早く医療機関や接骨院、整骨院で専門的なケアを受けてください。

整復(骨を元の位置に戻す)、固定を施すことで早期回復を図れます。
ご自身でも、「バランスのよい食事」「十分な睡眠」を摂ることで、自然治癒力を高めておきましょう。

 

【骨折の予防】

 

コンタクトスポーツでは、無理な接触は控えるようにしましょう。

また、体幹トレーニング、バランストレーニングを行い、転倒しない身体づくりをしておくことがケガの予防になります。

 

 

 

 

【骨折の治癒過程】

 

●炎症期: 血流が増加し、損傷した骨や組織が除去され、毛細血管を新しくする時期になります。

●修復期 :損傷した骨が仮骨に置き換わってくる「仮骨形成期」、仮骨が硬くなる「仮骨硬化期」を経て、骨折部が修復される時期になります。

●リモデリング期 :仮骨が破壊と再造形を繰り返しながら、本来の骨に置き換わってくる時期になります。

パルモ東大井整骨院の【骨折】アプローチ方法

骨折とは骨が折れたり骨に傷がついた状態を言います。

ぶつけたりして直接骨に強い外力が加わる骨折や、反復的に骨に強い外力が加わり続けて蓄積し骨折する疲労骨折になることもあります。

 

自己判断で突き指や打撲、捻挫だと思っていたら、実は骨折だったという場合もありますので不安に思ったらすぐにご来院ください。

接骨院・整骨院では、まず検査法とエコーを使い、骨折している可能性があると判断した場合「整復」「固定」の応急処置を行います。

※骨折後すぐご来院された場合、レントゲンや検査、処置の為に他の医療機関へ紹介状を書かせていただく場合がございます。

整骨院のリハビリとしては、患部の腫れが強い場合は「ハイボルト療法」アイシング固定などで出来るだけ早く痛みが取れる方法をご提案させていただき、元の日常生活に戻れるように処置を行います。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

ケガをしている部位に対しての施術となります。
患部に対して電気療法を行います。
急性期による炎症所見がみられる場合には寒冷療法を行い、炎症所見がみられない場合には温熱療法を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■特殊固定具

患部を動かさないように安静固定する必要がある場合に行います。
患部の大きさや受傷の程度で固定の範囲が変わりますので状態に合わせての特殊固定を行なっています。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中