頭痛でお悩みの方へ

頭痛によくある症状

  • 原因不明の頭痛が続いている

  • 頭の片側がズキズキ痛む

  • 頭痛からめまいや吐き気を感じることもある

  • 頭痛を自分でも緩和したい

日常生活を見直して頭痛改善を目指しましょう

頭痛は多くの方が悩まされている「国民病」とも言える症状になります。


なかなか頭痛が改善されない場合は、現在行っている対策が間違っている可能性もあります。


こちらのページでは「頭痛の種類」と「種類別の正しい頭痛対策」について詳しくまとめてあります。


長年の頭痛に悩まれている方はぜひご参考ください。

頭痛改善メニュー Recommend Menu

慢性頭痛は主に3つの種類に分けられます

 

頭を動かすと痛みが増す、気圧が低いと頭痛が起きる。

そんなお悩みはありあせんか。

頭痛にはさまざまな種類と原因があります。

代表的な慢性頭痛の種類として「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」が挙げられます。
種類によって原因や症状、対策も変わってきます。

適切な頭痛ケアを行っていくためにも、あなたを悩ませる頭痛がどのタイプなのかをこちらでご確認ください。

 

【緊張型頭痛】

 

患者数がもっとも多くみられる頭痛のタイプになります。

頭全体の締め付けられるような痛みがあり、
症状によってはめまいや吐き気を伴う場合もあります。

 

●緊張型頭痛の原因

首肩まわりの緊張による、血管や神経の圧迫から頭痛が生じていると考えられています。

 

日常生活での「不良姿勢、筋疲労から生じる肩こり(首肩の循環不足)」「食いしばり・歯ぎしり」と関連が強いとされます。
また、眼精疲労も三叉神由来の痛み(目の奥の痛み)を生じる原因として挙げられます。

 

【偏頭痛】

 

偏頭痛は若年から中年層の女性に多く発症する頭痛になります。

「頭の片側のズキズキとした痛み」「光や音に敏感になる」「視界にチカチカと光が見えることがある(閃輝暗点)」といった特徴的な症状がみられます。
多くは月に1~2回の周期で発生し、痛みがきつくなると吐き気、嘔吐を伴うこともあります。

●偏頭痛の原因

「脳の血管の急な拡張」「三叉神経の炎症」から起きていると考えられています。
自律神経の乱れ(PC作業などの交感神経優位)、季節の変わり目ストレスホルモンバランスの乱れなどが偏頭痛を引き起こす要員として挙げられます。

※糖分の摂取後に頭痛がする→緊張型頭痛
目の痛みで眠れない→群発頭痛
それ以外の頭痛は偏頭痛の可能性が高くなります。

 

【群発頭痛】

 

患者数自体は少ないですが、若い男性に発症しやすい頭痛になります。

片方の目の奥に激痛が走り、涙や鼻水が出てくる場合もあります。
夜中や睡眠時に発生しやすく、痛みで目が覚めてしまうことも多いです。

●群発頭痛の原因

原因はよく分かっていませんが、脳の視床下部への刺激から目の奥の痛み(三叉神経由来)につながるのではないかと考えられています。

 

体内時計の乱れ季節の変わり目ストレスアルコール喫煙などが群発頭痛を引き起こす要因として挙げられます。

 

タイプ別の適切な頭痛対処方法

 

あなたを悩ませている頭痛は「緊張型頭痛」「偏頭痛」「群発頭痛」のどちらに当てはまりましたか。

こちらでは、タイプ別にできる頭痛対策を詳しくご紹介していきます。

 

【緊張型頭痛の対策】

 

●ストレッチ

頭を前に倒したり、横に倒したりして伸ばすことにより、緊張している首肩まわりの筋肉をゆるめましょう。

●食事に気をつける

糖質の多いものを食べると血糖値が大きく上下し、頭痛に繋がってしまう恐れがあります。
食べ過ぎには注意し、甘いものはなるべく控えるようにしましょう。

 

【偏頭痛の対策】

 

●患部を冷やす

血管の拡張、炎症を抑えるために痛みが出ている箇所を氷水で冷やしましょう(冷やしすぎにはご注意ください)

温めると血管が拡張してしまう恐れがあるため、痛みが出ている際の入浴、運動は控えるようにしてください。

●静かな部屋で休む

偏頭痛は光や音に敏感になり、身体を動かすと痛みが増してしまう可能性があります。
静かな部屋でゆっくりと休むようにしましょう。

 

【群発頭痛の対策】

 

●禁酒、禁煙

群発期にはお酒タバコは控えるようにしましょう。

 

【頭痛全体の対策】

 

ストレス自律神経の乱れは頭痛の原因になります。
日常生活において、次に挙げることを心がけましょう。

 

●入浴、運動(偏頭痛は痛みが出ていない時)

入浴、運動は全身の血流を改善し、ストレスを発散する効果も期待できます。

入浴→ぬるめのお湯にゆっくりと浸かるようにしましょう。
運動→ジョギングやウォーキングなど、30分以上の全身運動を行いましょう。

●睡眠

夜更かしをせず、7時間以上の睡眠を毎日とるようにしましょう。

 

パルモ東大井整骨院の【頭痛】アプローチ方法

当院では頭痛の発生する要因は身体のゆがみと自律神経の乱れの2つから発生すると考えています。

骨格や背骨のゆがみの矯正を行い、ゆがみにより発生している筋肉や筋膜のこわばりや皮膚の緊張を和らげる整骨、整筋、整膚を行っていきます。

自律神経の乱れに対しては「ドレナージュ(EHD)」腹部温熱などを行います。

また頭痛には緊張性頭痛と血管拡張性頭痛と2種類がありますのでしっかりとカウンセリングを行い適切な処置を施していきます。

 

【頭痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことを目指します。
慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。普段の姿勢改善をしたい、慢性的に疲労を感じるといった方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

 

■ドレナージュ

【EHD】

顔や頭のツボや骨格を整えることで乱れた自律神経の改善、頭痛や眼精疲労の症状緩和が期待できます。
パソコンやスマホの見過ぎによる眼精疲労や目の奥の痛み、頭痛などの症状でお悩みの方におすすめです。

 

■カッピング

透明なカップの球を使用した施術です。
皮膚を吸引して持ち上げることにより皮膚と筋肉の間の血液循環の促進をさせ、筋肉を緩めていきます。
コリ過ぎてガチガチだなと感じている方や運動前後のケアにおすすめの施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中