膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 膝がこわばって長時間歩けない

  • 膝に水がたまりやすい

  • 膝が痛くて正座ができない

  • ランニング中に膝を痛めた

膝の痛みは幅広い年代で起こります

歩く、立ち上がる、しゃがむ、階段の上り下りなどで膝の痛みを感じていませんか。

 

膝の痛みは高齢者のイメージが強いかもしれませんが、若い方も発症する可能性はあります。

 

早めに対策をはじめて、早期改善を目指しましょう。

 

こちらのページにて、膝が痛くなる原因

日常で行える膝の痛みの対処法について詳しくご紹介しています。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝痛の原因は多岐にわたります

 

膝は体重を支える重要な役割があるため、痛みがあると日常生活動作に大きな支障が出てくることが考えられます。

膝の痛みは「中高年の女性」に多いとされていますが、「生理前症候群(PMS)」や、スポーツによる使いすぎ、ケガによっては若い方でも起こる可能性はあります。

こちらでは、膝に痛みがでる原因について詳しくみていきましょう。

 

【変形性膝関節症】

 

関節の動きを滑らかにしている「関節軟骨」すり減り、炎症や変形を生じたものになります。

●加齢による関節軟骨の弾力性の低下
●膝を支える筋肉量が少ない

といった要因から「中高年の女性」が変形性膝関節症を発症しやすくなっています。

その他、膝に負担がかかる要因としては次のことが挙げられます。

 

●大腿四頭筋の柔軟性の低下(関節の硬さ、循環不足)
●大腿四頭筋の筋力低下
●冷えによる筋緊張、血行不良
●膝関節の屈伸過多
●水分不足(関節内の潤滑が悪くなりやすいため)
●不良姿勢(骨盤が傾いていると、荷重バランスが崩れて膝に負担がかかりやすいため)
などが挙げられます。

 

【関節リウマチ】

 

自己の免疫によって、関節が破壊され炎症を起こしてしまう症状になります。
炎症が悪化し膝にまで影響が及ぶと、膝の痛みや変形に繋がってしまう場合もあります。

関節リウマチは「中年期の女性」に発症しやすくなっています。

 

【膝のケガ(半月板損傷・膝関節靭帯損傷)】

 

関節内でクッションの役割をしている「半月板」や、関節を支えている「膝関節靭帯」が損傷することで、膝の痛みに繋がる可能性もあります。

スポーツ現場で多く、「ジャンプでの着地」「素早い動作の切り替え」といった、膝に強い負担が加わることで発生しやすくなっています。

 

膝の痛み・変形を悪化させないための対策

 

膝の痛みや動かしにくさがある場合、どのような対策を行うことが良いのでしょうか。

関節の変形は一度進行させると、元には戻りにくいとされています。

できるだけ早めに対策を始めて、悪化を防いでいきましょう。

 

【変形性膝関節症の対策】

 

炎症と痛みが強い場合、患部を氷水で冷やして安静にするようにしましょう。

炎症がおさまりましたら、できる範囲で関節を動かしていきます。

 

●膝のストレッチ

地べたに座り、片膝を伸ばします。

反対側の膝は曲げてかかとをお尻につけるようにし、上体を後ろに倒していくと、もも前をストレッチできます。(できる範囲で構いません)

 

●スクワット(太もものトレーニング)

肩幅よりやや広めに立ちます。

「背中が丸まらないこと」「膝とつま先の方向を一致させること」「膝がつま先より前に出ないようにすること」に注意しながらお尻をゆっくりと真下に落としていきましょう。

太ももからお尻にかけての筋力トレーニングできます。

 

 

●サポーターの着用

冷えは痛みに繋がりやすいため、サポーターで保温すると痛みの予防になります。

 

【関節リウマチの対策】

 

関節リウマチは医療機関の指示を仰ぐようにしましょう。

「朝の手のこわばり」「発熱」といった初期症状がみられましたら、関節破壊・炎症が進行する前のなるべく早い段階で医療機関に行くことをおすすめします。

 

【半月板損傷・膝関節靭帯損傷】

 

受傷直後の炎症が強い時期は、患部を氷水で冷やし、包帯やサポーターにて膝関節を安静にします。
炎症がおさまりましたら、痛みの様子をみながら徐々に動かしていきます。

上述しましたストレッチ、スクワットがリハビリにも効果的です。
膝に不安のある方は、スポーツ中はサポーターテーピングにて膝を保護しておくとケガの予防にもなります。

 

パルモ東大井整骨院の【膝の痛み】アプローチ方法

当院では膝の痛みへのアプローチとして膝周囲の施術だけでなく、「骨格矯正」腸腰筋の調整などの施術を行います。

膝に原因があると思うかもしれませんが、膝周りの筋肉は股関節付近の筋肉や腸腰筋と繋がっているので、インナーマッスルの弱さが原因だったりと思わぬところに原因が隠れている場合が多いのです。

骨盤のゆがみにより左右差がある場合にも膝の痛みを発症することがあります。

歩き方を改善するだけでも膝の痛みが緩和するころがあるので、歩き方や効果的なストレッチのアドバイスも行っています。

 

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことを目指します。
慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。普段の姿勢改善をしたい、慢性的に疲労を感じるといった方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

 

■ドレナージュ
【DPL】

クリームを使って血液やリンパの流れを促進させる手技を行い、ふくらはぎや膝裏の老廃物を流していきます。
足のむくみ、冷え性でお悩みの方におすすめです。

 

■カッピング

透明なカップの球を使用した施術です。
皮膚を吸引して持ち上げることにより皮膚と筋肉の間の血液循環の促進をさせ、筋肉を緩めていきます。
コリ過ぎてガチガチだなと感じている方や運動前後のケアにおすすめの施術です。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中