スポーツによるケガでお悩みの方へ

スポーツによるケガによくある症状

  • 相手選手と衝突して骨折した

  • サッカーのスライディングで足首を捻挫した

  • 投球練習をしていると肩が痛くなってきた

  • スポーツでのケガを予防したい

スポーツによるケガをしっかり予防していきましょう

部活やクラブといった本格的なスポーツ現場だけではなく、

運動不足解消のために急に動いた際もケガが発生する可能性はあります。

 

ケガの処置法はもちろん、普段より予防をしておくことも重要です。

 

こちらのページでは、スポーツでのケガをテーマにまとめてあります。

 

原因をはじめ、日常でできる対策についても詳しくご紹介していますので、ぜひご参考ください。

スポーツによるケガ改善メニュー Recommend Menu

スポーツによるケガの種類や症状について

 

スポーツによるケガは「スポーツ外傷」「スポーツ障害」の2つに分類されます。

それぞれに、どのような特徴や症状があるのでしょうか。

 

【スポーツ外傷】

 

「コンタクトスポーツでの衝突」「転倒」といったように、急な外力が加わることで発生したケガになります。

スポーツ外傷は主に骨折脱臼捻挫(足関節、膝関節)、肉離れ(下腿部、大腿部)、打撲(突き指)、急性腰痛(ぎっくり腰)、腱断裂創傷神経損傷血管損傷などが挙げられます。

中でも、足関節の捻挫が一番発症が多くなっています。

スポーツ現場に関わらず、日常生活でも転倒、転落、交通事故などでスポーツ外傷は発生する可能性があります。

 

【スポーツ障害】

 

骨や筋肉、関節などに繰り返しの外力が加わることで発生したケガになります。

代表的なスポーツ障害は次のものが挙げられます。

●シンスプリント:走り込みによるすねの痛み。幅広い年代に発症。
●オスグッド:ジャンプ動作、走り込みによる膝下の痛み。子どもに多い。
●野球肩:投げ込みによる肩の痛み。子どもに多い。
●野球肘:投げ込みによる肘の内側の痛み。子どもに多い。
●テニス肘:テニスのスイング動作の繰り返しによる肘の外側の痛み。
など。

スポーツ現場だけではなく、「家事・育児」「肉体労働」「職人の手作業」など、日常でも身体に繰り返しの負担がかかると、スポーツ障害を発症する可能性はあります。

●スポーツ障害を起こす要因

・オーバーユース:身体の使いすぎ
・ミスユース:間違った身体の使い方。身体に負担のかかるフォーム
・ディスユース:準備不足から急に運動をはじめること

 

【スポーツでのケガにはRICE処置をしましょう】

 

スポーツ外傷・スポーツ障害による強い痛み、腫れがある場合、早急な「RICE処置」が早期回復に重要です。

RICE処置の詳しい内容は次の項目にてご紹介していきます。

 

スポーツ現場でケガをした際の対処法

 

急なケガや、使いすぎによって身体を痛めた場合、早期対処によってケガの回復も早まることが考えられます。
ですが、適切な対処でなかった場合は悪化の要因にも繋がりますので、正しい対処方法を知っておくことが重要です。

適切な応急処置と普段から出来る予防方法について詳しくご紹介していきます。

 

【RICE処置】

・Rest(安静):損傷、炎症を悪化させないよう、患部を安静にします。

・Icing(冷却):炎症と腫れを抑えるため、患部を氷水によって冷やします。(冷やしすぎにはご注意ください)

・Compression(圧迫):腫脹が広がらないように、包帯やテーピングによって患部を圧迫します。

・Elevation(挙上):内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

スポーツ現場にて強い外力を受けたり、痛みが出たりした場合は早急に「RICE処置」を行いましょう。
できるだけ素早い処置を行うことで、痛みの緩和と早期回復を期待できます。

骨折、脱臼をはじめ、痛みや腫れが強く出ている場合は自己判断せず、すぐに医療機関、接骨院・整骨院に行って適切な処置を受けるようにしましょう。

 

【スポーツによるケガの予防法】

 

●十分な休息を得る

痛みが出た場合は無理をしないことが重要です。

コーチやトレーナーと相談し、練習メニューの変更や見直しをしましょう。

また、どうしても試合に出なければならない場合、テーピングで患部を保護しておくと痛みの緩和と再発の予防に効果的です。

 

 

●身体をバランスよく使う

偏った身体の使い方を続けていると、負担が蓄積しやすくなります。
「素振りは右だけではなく左も行う」「片足立ちトレーニングでバランスを整える」といった工夫をして、左右の偏りをなるべく少なくするようにしましょう。

 

●体幹トレーニング

転倒はケガのリスクを高めてしまいます。
体幹トレーニングを行い、転倒しにくい身体作りをしておきましょう。
また、コンタクトスポーツでは無理な接触はなるべく避けるようすることもケガの予防に重要です。

 

●疲労をしっかりと抜く

運動前だけではなく、運動後もクールダウンとしてストレッチや整理体操を行いましょう。
また、入浴でゆっくりと湯船に浸かることで疲労が抜けやすくなります。

 

パルモ東大井整骨院の【スポーツによるケガ】アプローチ方法

カウンセリングにて患部の状態確認とエコー検査を行い受傷の程度をしっかりと把握していきます。

骨折や脱臼の可能性がある場合もございますのでその場合には応急的に「整復」「固定」を行い病院への紹介状を書かせていただくことがあります。

捻挫・挫傷・打撲に関しては急性期であればアイシング固定を行います。

患者さんの生活に合わせた施術をご提案し、スケジュールなどの確認をしながらご希望に添えるように施術を行なっていきます。

 

 

【スポーツによるケガに対する施術方法】

 

■保険施術

ケガをしている部位に対しての施術となります。
患部に対して電気療法を行います。
急性期による炎症所見がみられる場合には寒冷療法を行い、炎症所見がみられない場合には温熱療法を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■特殊固定具

患部を動かさないように安静固定する必要がある場合に行います。
患部の大きさや受傷の程度で固定の範囲が変わりますので状態に合わせての特殊固定を行なっています。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことを目指します。
慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。普段の姿勢改善をしたい、慢性的に疲労を感じるといった方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

 

■ドレナージュ
【EHD】

顔や頭のツボや骨格を整えることで乱れた自律神経の改善、頭痛や眼精疲労の症状緩和が期待できます。
パソコンやスマホの見過ぎによる眼精疲労や目の奥の痛み、頭痛などの症状でお悩みの方におすすめです。

 

【DPL】

クリームを使って血液やリンパの流れを促進させる手技を行い、ふくらはぎや膝裏の老廃物を流していきます。
足のむくみ、冷え性でお悩みの方におすすめです。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中