捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 足首の捻挫を繰り返している

  • 手の使いすぎで指が痛む

  • 子育てをきっかけに手首が痛むようになった

  • アキレス腱の痛みが続いている

適切な処置で捻挫、腱炎・腱鞘炎の早期回復を目指しましょう

捻挫、腱炎・腱鞘炎はスポーツはもちろん、日常生活でも起こりやすい症状です。

 

放置すると痛みが長引くだけではなく、関節の動きも悪くなる可能性もあるため、

早急に対処していくことが重要になってきます。

 

こちらのページでは、捻挫、腱炎・腱鞘炎の

症状、原因、処置方法について詳しくまとめてあります。

捻挫・腱炎・腱鞘炎改善メニュー Recommend Menu

捻挫と腱炎・腱鞘炎はどのような違いがあるのでしょうか

関節付近に痛み、腫れが生じた場合「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」の可能性があります。

各々で症状や原因、予防方法も変わってきます。
こちらでは、捻挫と腱炎・腱鞘炎の違いについて詳しく確認していきましょう。

 

【捻挫】

 

捻挫は関節が強く捻られることで発生した、靭帯や関節包の損傷になります。

「段差を踏み外して足首を強く捻った」「スポーツで転倒して手首を捻った」といった急性外傷の場合と、「腰のひねり動作の繰り返し(腰部捻挫)」といった反復性の捻転負荷によって発生した捻挫があります。

関節であればどこでも生じる可能性はありますが、「足関節(足首)」に多く発生すると言われています。

 

●捻挫の症状

疼痛(動作時痛、圧痛)、腫脹(内出血による腫れ)、関節の不安定性(動揺性)といった症状がみられます。

 

 

【腱炎・腱鞘炎】

 

腱・腱鞘部分に炎症を起こした症状で、主に「関節の使いすぎ(反復蓄積性の収縮負荷)」によって生じるとされています。

手の使いすぎにより「手の親指の付け根(ドケルバン病)」に発生しやすくなっていますが、スポーツや肉体労働によっては「肩関節」「上腕二頭筋腱」「アキレス腱」部分にも起こる場合があります。

また、女性ホルモンの影響に加え、抱っこにまだ慣れていない初産の女性に手首の腱鞘炎を生じやすくなっています。(初産腱鞘炎と呼ばれています)

※ケガの固定でかたまってしまった関節を急に動かした際にも、腱や腱鞘に炎症を起こしやすくなります。

 

●腱炎、腱鞘炎の症状

疼痛(動作時痛、圧痛)が主な症状になります。
放置して症状を悪化させると、患部が腫れて熱感が強くなってしまう可能性もあります。

 

捻挫、腱炎・腱鞘炎はどう対処・予防していけばよいのでしょうか

 

捻挫や腱炎・腱鞘炎は放置してしまうと症状が長引いたり、悪化してしまうことも考えられます。
日々の予防や症状がみられた場合の適切な対処を知り、未然に防ぐことが大切です。

日常生活でできる予防方法についてもこちらでご紹介していきます。

 

【RICE処置】

 

関節を強く捻ったり、使いすぎによって痛みがみられる場合、素早く「RICE処置」をしましょう。

・Rest(安静):炎症を悪化させないよう、患部を安静にします。

・Icing(冷却):炎症と腫れを抑えるため、患部を氷水によって冷やします。(冷やしすぎにはご注意ください)

・Compression(圧迫):腫脹が広がらないように、包帯やテーピングによって患部を圧迫します。

・Elevation(挙上):内出血量を抑えるため、患部を心臓より高い位置に挙上します。

 

炎症がおさまりましたら今度は患部を温め、ストレッチによって徐々に関節を動かしていきます。

 

●手首の腱鞘炎:手首、前腕部分のストレッチ

●足関節捻挫:ふくらはぎ、もも裏のストレッチ

腫れや痛みが強い場合は自己判断せず、早急に医療機関、接骨院・整骨院で専門的な処置を受けるようにしてください。

 

【テーピングによる予防】

 

捻挫、腱炎・腱鞘炎はともに関節に負荷がかかることで発生しやすくなっています。

テーピングによる圧迫、固定によって早期回復を図れるだけではなく、スポーツや仕事での再発予防にも効果的です。

 

パルモ東大井整骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

まずは最初のカウンセリングにて急性かそうではないかを判断させていただきます。

急性の場合は炎症を伴っている場合が多くみられますので寒冷療法や患部の固定などを行い、患部の安静を保ちます。

安静を保ち、痛みの早期除去のを目指すためには腫れをなるべく早く引かせる必要があります。
テーピング整膚電気療法を行います。

その後、急性期を過ぎてから固定や安静による筋力低下の改善を目指し、患部の機能性の向上をするための運動療法運動連鎖の確保をしていきます。

腱鞘炎の場合、患部だけが原因ではなく身体より中枢にも痛みの要因がある事も多いので、局所だけではなく全体の施術も行なっていきます。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

ケガをしている部位に対しての施術となります。
患部に対して電気療法を行います。
急性期による炎症所見がみられる場合には寒冷療法を行い、炎症所見がみられない場合には温熱療法を行います。

 

■ハイボルト療法

ハイボルト(高電圧)の電気刺激を身体の深部組織に到達させる療法です。
炎症抑制、痛みの緩和が期待できるため、痛みの強い時期におすすめな施術です。

 

■特殊固定具

患部を動かさないように安静固定する必要がある場合に行います。
患部の大きさや受傷の程度で固定の範囲が変わりますので状態に合わせての特殊固定を行なっています。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

経穴(ツボ)に刺激を与えることにより、緊張し硬くなった筋肉を緩めて血行の促進を目指します。
除痛効果だけでなく、他の施術の効果を持続させる効果も期待できます。

 

■テーピング

筋肉の動きを正常にするテープ、筋力バランスを整えるテープ、関節の補強と固定するテープなど目的によって使い分けて施術を行います。

 

■骨格矯正

骨盤のズレや背骨のゆがみを本来の状態に戻し、血液・リンパ・神経の流れ、動きを整え、身体の自然治癒力を高めていくことを目指します。
慢性的な「肩こり」や「腰痛」などに効果が期待できる施術です。普段の姿勢改善をしたい、慢性的に疲労を感じるといった方におすすめな施術です。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉を包んでいる全身に張り巡らせている筋膜にアプローチしていきます。
癒着している筋膜を剥がしていくことで症状の緩和を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:中島 弘貴(ナカシマ ヒロタカ)
資格:柔道整復師
生年月日:5月17日
血液型:A型
出身地:神奈川県横浜市
趣味:映画鑑賞、プロレス観戦、麻雀

【患者さんへ一言】
痛みやお悩みはお気軽にご相談ください。
明るく!真摯に!!安心を提供したいと思っています。
患者さんが健康と笑顔になれるように共に解決していきましょう。
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:パルモ東大井整骨院
住所〒140-0011 東京都品川区東大井5-11-3
最寄:大井町駅から徒歩3分
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜・祝日です

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院 公式SNSアカウント パルモ東大井整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】パルモ東大井整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中